三年目の前澤妙子展、今年は、どんな作品に会えるでしょうか?

幼い頃から大切にしてきた世界を表現する前澤妙子さんの今年の作品は、『宝石猫と双鯉の手紙』

中国の古来からの話の中に、鯉のお腹に絹で巻かれた手紙が入っていた、お話があります。 その手紙を今は亡き父親が一番、絵を応援していてくれたから、父にどんな手紙を入れようか?と想い巡らしながら作品を作っています。

前澤妙子の世界と、自分だったらどんな手紙をいれるか? と想像しながら絵を見て、創作の世界を膨らませてみませんか? 楽しみながら見てもらえると嬉しいです。 お待ちしてます。

★9月9日15時~18時
オープニングティパーティー。
お気軽に参加ください。

★星のかけらワークショップ
9日(土)と10(日)の2日間
1300~1500
樹脂で作るペンダントヘッド・首飾りのワークショップ
参加費2000円
当日も参加出来ます。

事前申込み頂きますと、
抽選で、前澤妙子作品集を一名様にプレゼントします。
早めのご予約お待ちしてます。